So-net無料ブログ作成

650cカーボンバイクOrbea DIVAちゃんで日本一の山に登れ!2014試走編 [650c]


先日、富士スバルラインで五合目まで自転車で上ってきました!もちろん来月のあのイベントの試走です。バイクはもちろん650cのOrbea DIVA。初めてのカーボンバイク、炭子ちゃん。

日曜深夜、午前3時起床。前日の準備に結構なかなか時間がかかり、2時間くらいしか睡眠とれず、かなりの睡眠不足だ。午前4時セブンイレブンに集合。富士吉田市へ出発、自分で用意した鮭オニギリとピーナッツバターサンド(変な組み合わせだがカーボローディング)を食べながら中央高速を運転。大月ジャンクションを過ぎると突然、われらが世界遺産・マウントフジなる日本一の山が現れる。今日はあそこに登るんだ!と胸がドキドキする。。。

DSC_0936.jpg

。。。ゴール地点は舗装路のある5合目までなので、あの山の真ん中辺りまで今日は登るのだが。。。しかしなんだか雪が多くないか?例年より?ふとウェアの選択に不安を覚えるがもう仕方ない。午前7時北麓公園到着、バイクを組み立てる。まだ我々以外誰も試走に来ていない。
スライド1.jpg

午前8時過ぎ試走開始、あっという間に仲間達が見えなくなる。おーい!。。。以後ずうぅっと一人旅だ、黙々と自転車を漕ぐ。寒い。長袖2枚で正解。坂が延々続く(当たり前だ)普通の坂と、急で辛い坂とほんのちょっとわずかに平らな坂の繰り返し。人生のようだと思う、つまりはたいてい、いつも、しんどいということだ。開始早々、横っ腹が小学生の時のように痛くなり、自転車を降りたくなる。でも降りない、やせ我慢が大人の特権なら、どうやらわたしは大人になったらしい。
ゴールである五合目前の800mほどの坂が本当に辛い。ようやくみなが待っているところに到着、タイムは。。。とても言えない。でも、一昨年より去年よりは進歩したらしい。もしかしたら本番はもう少し縮むかもとちょっと期待する。ただ今回の試走は快晴で風もなく、コンディションとしては最高で、これ以上の条件は望めないのかもと考えると、試走のタイムが全てなのかもしれない。もう登らなくていい、そう思うとホントに嬉しい。来月また登るのかと思うとホントに。。。まあいい。とにかく今日はこれ以上坂はないのだ、万歳!!
2ふじ.jpg

ゴール後、みんなで富士山神社にお参り、留守番の後輩と部長に自転車お守りを買う。各国(タイ、台湾、中国、フィリピンetc)からの観光客と一緒に並んで富士山メロンパンを買う。なぜか記念撮影を一緒に撮ってと頼まれる。とういうか我々より我々の自転車と富士山という組み合わせで写真を撮っている。。。なぜだ???
パンのほうは焼きたてでほんのり暖かい。そしていつものようにオイシイ。このパンを一番美味しいと感じているのは絶対に我々だと思う。
1ふじ.jpg

そして恐怖の下山。24kmを下り続ける。時速はちらっと見たら50km/hになっており以後怖くてメーターは見ないようにする。30分程でスバルラインの料金所まで降りてきて一安心。手先と爪先が痺れて痛い。無事ダウンヒルできてよかった。登りは辛いだけだから良いけど、下りは危険で心が休まらない。
駐車場に戻る。時刻は正午でそろそろお昼のことを考えるころだが、17時からの仕事ため皆と分かれて帰路につく。それにしてもチョーお腹減った。国道沿いのマクドナルド、ドライブスルーでクォーターパウンダーを買う。ビックマックを買わないのは、片手で食べられないからだ。賢い。中央道に乗ってから食べた。途中のPAにモスバーガーがあることを発見、次回はここかと思う。さて、お腹いっぱいにはなったが、当然睡眠不足+ヒルクライム後のため、猛烈に眠くなる。朝購入しておいた、メガ○ャキ+ギガ○ャキなるカフェイン飲料を注入。眠気は覚めるが、動悸がしてヤバい飲み物だ。カーステレオでU2を大音量でかけてめちゃめちゃな英語で歌ってさらなる眠気をはらった。♪アイウォントラーン、アイウォントトゥーハーイ♪。中央道/首都高速/レインボーブリッジ/アクアライン→房総と都合3時間半にて15:30頃帰宅。行ったん帰宅してシャワーと着替えして、17時業務開始に無事間に合う。

こうしてほぼ12時間でフジヒルクライム試走の強行軍終了。。。
。。。ふと思うのだった。自転車。この趣味は本当に私の健康にいいのでしょうか?どうなのか?、と過日を振り返る今日。とりあえずは筋肉痛に湿布を貼ってしみじみ考えるのです。
nice!(2)  コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。