So-net無料ブログ作成
検索選択

650cのORBEA DIVA完成記1 承前 [650c]

DCIM0392.jpg

前回お知らせしたように、海外通販という運命の出会いによりORBEAの650cフレームを手に入れた。

DCIM0182.jpg

房総一謎めいた某アウトドアショップでは、フレームの持ち込みを快く了解してくれた。まっこと心の広い対応である。そして夏の過日、私は助手席にカシス色のORBEA DIVAを乗せ、(もう少しでシートベルトを彼女に締めそうになった)ショップに行った。店長としばし、その美しさに感動。美しい自転車というのはフレームの時点ですでに美しいものだが、このDIVAには、それのみならぬ色気があるように思うのであった。

DCIM0183.jpg


P7060099.jpg

常々背が低いから、700ではなく650cに乗っているのだと公言しているわけだが、正確にはそうとも言えないし、また650cにしたからといって、私をして、ちびっちょで脚が短く、座る大人物と言わしめているすべてのことが解決するわけではないのであった。

さて、ここからは、私のあくまで私見も取り混ぜながら話をしようと思う。自転車乗りとしてはペーペーもいいとこであるので、間違っていることもあるかもしれないけれど、自分なりに数年乗ってきて、ショップのオーナーに教えてもらったり、本やらネットやらで色々勉強した上での結論である。

まず、なぜホイールサイズをわざわざ650cに小さくしているかというと、実は自転車に乗っていない時の取り回しの部分が意外に大きい。
いくら小さい人用に作ったとはいえ700cの自転車は車輪も一回り大きく、当然ホイールベースも長くなる。

サイズ.001.jpg

これは某女性用ロードバイクのジオメトリー表である。700cでシートチューブ390ミリでトップが488ミリ。これなら私の650cTestach Tremignonと殆ど同じサイズである。しかし一方で、ホイールベースは981ミリで、なんと2サイズ上のロードより長いのである。ちなみにうちのトレミンは実測で915ミリ位、妹の650cロードCinelli littlewingも912ミリだ。この5−6センチの差。通常であればやれサドルを5ミリ上げただの、ステムを1センチ伸ばしたなどの話からするとかなり大きい差だと思いませんか?

ホイールベースが長いことは、乗っているぶんにはいい(安定するから)だろうが、毎日の家からの出し入れはもちろん、持ち上げて車載したり、輪行したり、メンテしたり、パンクなおしたり、パンクなおしたり、パンクなおしたりするときに、私にとってかなりのデメリットになるのである。知人の700cのロードを預かって面倒を見ているので、しみじみ思うのである。

小柄な人でロードの面倒を自分で見ようと思っているひとにとっては、700cはかなりめんどくさい大きさなのである。フレームのサイズが小さくても、700cロード自体は大きいのだ。

いっぽうよく話題になる、脚つき性スタンドオーバーハイトってヤツであるが、正直こっちはあんまり関係ない。たとえスタンドオーバーハイトより股下が短くても、ロードに乗っていて両足べったり地面につけていることは必要ないからである。(停止時も左足をついてロードバイクのほうを斜めにして、トップチューブにまたがっていればいいので。)

ちっさい私が、650cに乗ろうが700cに乗ろうが、取り回し以外の部分での問題はトップチューブの長さとハンドルの高さ、つまりヘッドチューブにある。(と思う)

と、いうところで、前振りにて紙面も尽きてきた感があるのであった。次回はかならずや DIVAが完成するまでのところを書いてみたいと思う。

IMG_0019_3.jpg
台湾のタロコヒルクライムにて、偶然にもORBEAのスタッフと参加できた。ちなみにあまりに遅くて失格/収容になっているので、詳しくは聞かないで欲しい。。。
nice!(5)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。