So-net無料ブログ作成
検索選択

富士山試走の巻 [TESTACH Tre-mignon]

神は、この日のために、わたしに脚をお与えになった。
DCIM0125.jpg
日本一の山富士山に登るイベントに来月参加するのである。
春にエントリーが決まってから、暇を見つけてはあっちの山、こっちの丘と登ってこのイベントに備えてきたのであった。とはいっても、かなしいかな。日本で一番平坦な県、千葉に住んでいる以上なかなか峠らしい峠がなく、不安なのでもあった。なにせ一番高いところで標高400mくらいしかないのである。
それでも清澄山、岩高山、嶺岡など、一生懸命取り混ぜて走っていたのであった。仲間のなかには、鴨川有料道路を5往復などという修行を課しているツワモノもいる。それぞれがそれぞれのやりかたで来月に向けてトレーニングをしていたのであった。しかししかし、どれだけ練習に励んでいるとはいえ、やはりぶっつけ本番はいかにも無防備。一回は予行演習をしたいと思うのが、人情である。

と、言うことで、先日富士ヒルクライムの試走に行ってきたのであった。結論から申し上げると、経験したことのない想像を絶する経験が私を待っていたのであった。今回のイベントのコースは全長約25km。獲得標高が1200m程度、平均の斜度は5%ちょっと。25kmずっと上り坂ということ以外については全然内容がわからない。この数字を見て、平均5%の坂?たいしたことないじゃん。と思ったそこの人!ただちに呪われよ

まず、朝も明けやらぬ午前4時。千葉県鴨川市某所にメンバーが集まった。これから、えんやこら、アクアラインで東京湾を渡り首都高速から中央道で一路、富士の玄関口、富士吉田市に向かうのであった。朝4時というと、まだ暗く、こんな朝早くから自転車に乗るために、眠い目をこすって運転しているのは我々、、、鴨川有料道路を通る車も我々物好きくらい。。。

。。。

。。。

???


鴨川有料道路に入ってしばらく運転していると、なにやら道路に人影が!
しかも複数人いて自転車に乗っている。。。
おどろいてよく見ると、一部の人は矢折れ尽き果て(?)て路側帯で大の字に寝ているではないか。


これは、ひょっとして。。。この疲れながら眠気と戦い、少々蛇行しながらも明け方の山を登っている。。。時には道っぱたで寝ることも厭わない!


まさにブルベの人だ!!


感動にウチ震えた私は、すかさず助手席の窓を全開にして、『ブルベ、頑張ってください、キャー♡』と声をかけまくったのであった。
しかし、冷静に考えると、朝の四時に睡魔と戦い、疲労と争い、自分と坂(鴨有)だけの世界に没頭している時、突然真っ赤な車が寄ってきてなにやらオバさんが叫んでいるという状況が勃発するわけである。たぶん、悪夢か幻覚かなんかだと思ったろう。。。しかし、こちらは応援出来たので満足なのであった。今日、こんな時間に自転車のことを考えている人がこんなにいる。。。今日のスケジュールは日帰りで富士山の試走に行って、帰ってきたら夜勤。こんな無茶ぶりであったが、まだまだ自分は変態ではない。っていうかまだマシ?ぜんぜんOK?という気持ちになり、ご機嫌で山梨県に向かったのである。




中央道に入り八王子をすぎ、なんどかカーブをこえ、ぼんやり車を運転していると。それは突然我々のまえに姿を現すのであった。富士山である。大きい、そして全身で唯一無二の存在であると周囲に有無を言わせぬ存在感である。上1/3くらいはまだ冠雪しているではないか。っていうかあそこの真ん中当たりまでこれから自転車で登ろうと言うのである。やっぱあたまおかしいかもしれない。

レースで計測が始まる交差点付近に立つ。曇ってよく見えないが、真正面に富士山を望む。
subaru.001.jpg
start.001.jpg

ということで、試走編、続く。
nice!(3)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。