So-net無料ブログ作成

バースデーサイクリング☆+お花見大会 [TESTACH Tre-mignon]

桜も見頃な4月某日。友人達をサイクリングに誘ったところ、自転車に乗らない子達もお花見をしたいとのことで、ドッキング企画/自転車部+お花見と相成った。お花見会場でランデブーの予定である。
実はこの日は私の誕生日であったが、こっぱずかしいので特に公表せず誕生日に自転車に乗れて楽しいなあ、と、ひとり喜んでいたのだった。

ちなみにお花見会場はこちら


ツールドちばでのエイドステーションでも有名な、内浦県民の森だ。
このたかだか普通に行けば13kmで着く場所に、我々自転車部が選んだと、いうか私が有無を言わさず選んだルートはこちらだ。



距離も55km、獲得標高1200mかけての遠回りだ。当然集合は朝7時。花見が11時に始まるので当然ではある。各自花見班に食料、レジャーシート、輪行袋、替えの靴(ここらへんはかなりカシコイ子に限られているが)などなどを預け、サイクリング班は一路、県民の森とは真逆の方向に出発して行ったのである。
DCIM0033.jpg
林道の細いトンネルを抜けると、
DCIM0036.jpgDCIM0038.jpg
桜と一緒に、菜の花やミツバツツジも見頃で、去年の今頃はいろいろ大変で春がなかったような気もした分、今年は春が来たことが本当に美しく感じるのであった。

DCIM0040.jpg
と、浮かれていたが林道名物の落とし穴が沢山あって、油断せずドンドンと先に進むのだ。

なにせ11時待ち合わせとしたものの、遅れて行っても桜とビールでいい気分な人々が理性的になって、我々の食料を確保しておいてくれるとは限らないではないか。今回お花見ドッキング企画のため、途中の休憩はなし、補給食も持ってきていないのだ。遅れること、それはすなわち、くいっぱぐれることを意味するのだ。。。いそげ!

DSC00471.jpg
ようやく最後の仕上げとして、勝浦ダムサイトへの激坂を登り、記念撮影。去年のツルちばではココから大雨になったっけ。

そして、12時ちかくになってしまったが、無事県民の森に到着した。
DCIM0051.jpg
DSC00473.jpg
ご飯も、食べずに、みな待っていてくれた(泣)。たぶん私が花見班側だったら、絶対に食べ始めていたと思われ、みんなずいぶんと大人だなあと思ったのであった。

そして。とってもびっくりしたのは
お花.001.jpg
ハッピバースデー♪の歌と、ケーキが用意されていたのだった。みんなありがとう、そして、みんな疑ってごめん。わたし「きっとみんなご飯先に食べちゃってるよ」とか、ずーっと言ってました!
nice!(1)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4月活動内容 [TESTACH Tre-mignon]

菜の花だらけ.jpg
ずいぶんと更新をさぼってしまったのである。理由は特になくて、お仕事と自転車乗るのをかなり熱心におこなっていた結果とも言える。春が来たのをいいことに、最近は自転車乗った後ご飯がおいしくて、お腹いっぱいになるとすぐにぐっすり寝てしまうからなのであった。
すると、どうなるか。体重計が今までみたこともないような数字を叩き出すようになるのである。それもそのはず、自転車に乗って
DCIM0028.jpg
こんなものを食べたり、
hannba.001.jpg
またまた、これを食べに行ったり
DSC00468.jpg
少々反省して、ローカロリーものも食してみたり、おもに食べ物関連方面に熱心になっていたからだ。

120320_124858.jpg
最近の変化としては、なんだか大きなところは行政からサイクリング協会から、小さなところはうちの職場のチームから、サイクリングと言えば南房総にいらっしゃいの方向になっているようなのであった。房総にある大概の道の駅などに、バイクラック、仏式ポンブ、一般工具を常備することになった。房総に自転車に乗りにきなさい。チーバくんもそう言っている。

それでは、食べたり飲んだり、一応走ったり。そちら方面でこれからますます精進すればいいのかというと、しかし、そうは問屋がおろさない。

こんな由なしごとを読むのも大変と思うので、読み飛ばして頂いてかまわないのであるが、背景から説明すると、今年度からしばらくは土曜の17時までと日曜の17時からのお仕事が原則固定になり、それはどういうことかというと、週末の休みは土曜17時から日曜17時までのきっかり24時間という意味だ。24時間とは言っても17時ちょうどに帰れるわけもなく、日曜17時から仕事を始めるとなると16時くらいには戻っていなくてはならず、、、つまり、大きなロングライドイベントにはでられなさそうなのであった。普段のサイクリングのほうは職場の回りを走っているので関係はなさそうで、南房総にいてよかったと思う。それにしても遠征や、長距離のほうはちょっと厳しそうだ。

と、お嘆きの貴兄に。なんだかギリギリで行って帰って来れそうなイベントがあったのだ。それは、6月の富士山に登る例のヤツ。そう、エントリー合戦が一番難関と言われるあれである。自転車部総掛かりでエントリーに挑戦し、今年は私を含め10名がチャレンジすることになった。ロングライドイベントと違ってヒルクライムは競技時間が短いので、たぶん、昼に終わってダッシュで帰ってくれば、富士吉田から鴨川まで夕方に戻って来れそうではないか。場合によってはレーパンジャージ、ゼッケン付きで職場に駆け込む羽目になるかもしれないが、房総半島の端っこに引きこもってばかりもいられまい。

ということで、冒頭に話は戻って察しの良いかたはもうお分かりになったと思うが、つまりはいま、体重を増やしている場合じゃないわけなのである。

DCIM0007.jpg
私も、がんばるよ。カツピー!(カツピーは勝浦市のご当地キャラなのだ)
nice!(3)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。