So-net無料ブログ作成
検索選択

とうとう大歩危・祖谷渓谷に到着した話 さいご [TESTACH Tre-mignon]

DSC00382.jpg
毎回毎回、走り出す前の話が多くて自転車に乗るところまで到達するのに時間がかかるというご指摘もある当ブログである。しかし、世の常、慣性の法則にもあるように、走り出すまでが大変なこともまた真実のようなのであった。

111204_074453.jpg

職員旅行の合間を抜け出し、12月のある早朝。伊予三島駅前でロードバイクをひとり組み立てているオバさんがいたのであった。初めての土地で一人サイクリング、しかも愛媛県から13時頃に徳島県にある祖谷渓谷の道の駅で同僚のレンタカーにピックアップしてもらい、夕方には香川県金比羅に到着しないと行けないという時間制限付きである。もしこのランデブーに失敗すると、自走で香川県まで走るか土讃線輪行かのどちらかになるようだった。前者は日没が心配であるし、後者は後者で1−2時間ごとのダイヤにあうか未知数なのである。毎回毎回、無意識にちょっとづつ内容の難易度をあげている気もしないではないが、大丈夫かな?という気持ち半分、未知のちょっとした冒険にワクワクしながらTESTACH/Tremignonは組み上がった。

さあ出発である。が、かなり寒い。。。
上下のインナー、長起毛ジャージ、防寒ソックス/グローブ、ネックウォーマー、インナーキャップなど、一応冬装備は万全で来たつもりだったが、身にしみる寒さであった。しかたなく、万一のために持ってきたゴアテックスのウインドブレーカーを着込んだがこれでフル装備になってしまう。山の中がもっと寒かったらどうしようか、、、もう一枚中に着られるようなインナーが買えないだろうか、と見回すもスーパーもなくコンビニさえもない。今から松山に逃げ帰っても、皆もどこかに向かって移動中だろう。ええい、走れば暖かくなるだろう。出発だ。
と少々破れかぶれ気味に駅前から319号線方向に向かった。まず目指すは、地図上では不吉なくらいの直線を描いている、法皇隧道というトンネルである。トンネルがあるということは、そこは山であり、長いトンネルがあるということは、頂上をこえなくても峠を越えられるということなので喜ばしいことのようにも思える。しかし、現実はいきなり最初から海抜0から400mの山越えなのであった。



と、ここで大変な事態を発見したのであった。サイコンが動かないのだ。ケイデンスはもちろん速度表示も出ない。本体とセンサーの電池は夏に交換したのだが、、、このタイミングでまさかの電池切れのようだ。電池が切れる前には点滅サインがでるらしいが、それらしき兆候はなかったような。。。しかしおそらくここのところ石垣島往復飛行機輪行、高知までの飛行機、と思ったより寒冷環境にあって消耗が進んだのかもしれない。予備の電池もなく、説明書なしでリセット再設定の方法もわからず、困ったことであった。というのも、趣味の一人ブルベ設定で、”お一人様Qシート公開、おひとりさまQシートゲット”などしており、この旅にサイコンの走行距離がとってもとっても必要だからであった。

しかし、この程度のアクシデントは幾多のトラブルのおかげで織り込み済みで、今回は念のため例の飛び道具を持ってきたのであった。その飛び道具とは!
111204_100745.jpg
ソニー社製のNAV-Uというポータブルナビである。ほんと持ってきて良かった。早速、トレミニヨンのハンドルにブラケットを取り付けた。このNAV-Uはいつもはポタ用のDAHON Curve SLのほうに付いており、ロードバイクに付けて走るのは今回が初めてである。電池の消耗が早く、ブルベに使うには外部電源を導入しないといけないけれど、速度と距離は勿論、高度が出たり音声案内があったりするところはメリットと思う。

そんなこんなで予定より大幅に遅れたがまずは法皇隧道に向かって走り始める。駅を出てすぐに一直線の登りだ。
DSC00377.jpg
振り向くと瀬戸内海を眺めることができる。

saka1.001.jpg
と、のんびり登っていられたのも最初のうちで、ふと見上げると、自分の行く末が。。。地図ではわかっているが、当面、ずーっと上り調子なのだなとややブルーになるのである。往復コースならば、登った分は帰りは下りであろうから、登り甲斐もあるが、今回ゴールが山であるので、登りのみ。

ここでまた話がそれるのだが、自転車乗りはそれぞれホームグラウンド的存在があるとおもう。ホームコース?と言うべきか。定番のトレーニングコースだったり、行きつけのお店までの往復だったり。東京だったらサイクリングロードとか大井埠頭とかであろうか。そして、行きつけのもまた、各々あるんではないかと思う。初めて登った(あるいは登れなかった)坂、一番近い山、そんなところがあるように思う。そしてその山が、ある意味それからの自分の自転車道の基本単位や比較対象になるのだ。私の場合は当然いつも登場する清澄山が基本単位である。どんなところを走っても、坂や峠は”これは清澄に換算するといくつくらいか?”を考える。地図上で予想したのと実際走ったので感じた結果が違うこともよくあるが、仲間内で、あそこは行ったことがあるが、坂的には清澄山のほうがツライ。などと話すのにとても便利なのであった。

ルートラボで調べた限りは、明らかに清澄山以上の峠が2つ、途中にも小さな峠が一つ。合計おおよそ2.5kiyosumi相当と思われるのであった。

早朝の寒さの中、突然のヒルクライムにかなり消耗したがとりあえず隧道の入り口まで到着した。と、目に飛び込んできたのは、
『法皇トンネル 長さ 1663m』
111204_090515.jpg
1.6kmのトンネル!?しかも緩やかながらも登りのようである。しかも離合ギリギリ、あるいは待機も必要なくらい道幅のせまいトンネルである。当たり前だが、まったく出口は見えない。前照灯、リアフラッシャーを点灯し、エイやっとトンネルの中に入って行った。幸いにして交通量が多くないのが救いであった。それでも全速力で走りやっとトンネルから脱出。

DSC00379.jpg
そこは昨日今治タオルの店で教えてもらったような、四国の山々の中に深く分け入っていく入り口でもあったようだ。
111204_100623.jpg
DSC00402.jpg
のぼってものぼっても、カーブの先には、また新しい山々が。。。おかしいのであった。ルートラボで調べた限りは2回目の峠越えも標高400mくらいが最高地点でそのあとは小さなアップダウンを繰り返し国道32号に合流するはずであった、しかし、NAV-Uの標高はもう500mを示しているではないか。。。やばい、万一ルートがおかしいということになってもこんな人っ子一人、いないところでは。。。と極めて心細く、しかし自転車を降りるわけにはいかないのでヨロヨロ登り続け、ようやく少し斜度がましになってきて、木々の中から空が見えるようになってきた。これは登りももう終わりのサインである。


DSC00381.jpg
標高が100mも高かったことは腑に落ちないけれど、無事に徳島県に突入である。ここからは大きな登りもなく、国道32号に合流し土讃線に沿って走れば大歩危に到着できるはずだ。同僚に状況を写メしたところ、松山で揚げたて芋けんぴを、高速のパーキングエリアで蜜柑の詰め放題を楽しんでいるという、極めて妬ましい内容の返事が返ってきた。しかし、よし、まだ十分先行している。と言うのも、はぐれたり、置いて行かれたりは論外で、やはりここは自転車、ロードバイク界の名誉のためにも、スイスイと走ってランデブーポイントでレンタカーの皆を優雅に待っていたいではないか。いやー意外に早く着いちゃってさあ。という感じである。

ようやく、四国の山々を抜け国道32号を一路祖谷渓谷へ向かって走る。緩やかな登りであるが、今まで50kmほど山岳を走ってきただけに、なんだか脚に力が入らないのだ。
DSC00383.jpg
道路の脇には吉野川、ますます渓谷らしくなってきた。大歩危小歩危とは俗説にて「大股で歩くと危険、小股で歩いても危険』というくらい険しいということらしい。歩きではないがもはや疲労困憊で心配する程の速度もでない状況だ。と、そこでメールが着信。

「我々も高速を降りて、32号に入りました!」

なな、速い速すぎである。さすが化石燃料。モータリゼーションの勝利であろうか。こうなったら、追い付かれたとしても、「めっちゃ楽しんで走っているもんねーみんなお先にどうぞ〜」という形で追い抜かれたいではないか。道ばたでへばっていたり、ヨロヨロと走っているところだけは見せられない。さあ、最後の力をフリ絞って、全力で余裕のふりである。
111204_115924.jpg
のこり7km、緩やかな登りを全力で走りながら、後ろからみてラクチンなふり。ところどころドリンクを飲んでみたりと余計な演技を投入しながら走り続けとうとう、12月某日正午過ぎ。無事にゴールの大歩危道の駅に到着したのであった。
youkai.001.jpg
DSC00385.jpg
道の駅では、妖怪子泣きじじいや一つ目小僧などが出迎えられ(どうやら妖怪の里としても有名らしい)、5分程うろうろしていところにレンタカー組が到着。かねてから準備していた、「いやー思ったより早く着いちゃってねえ、楽しいサイクリングだったよ〜」発言もでき、満足満足なのであった。ぬかりなく後輩から件の揚げたて(だった)芋けんぴを奪いむさぼり食べ、蜜柑も差し出させお腹も満足である。
111204_152155.jpg
かずら橋にて。もちろんロードバイクでは渡れません。

と、いうことで、四国サイクリングの話は終わりである。房総とは全然違う山であった。楽しかった。
帰りのレンタカーでは皆の荷物が土産物で増え、私のテスタッチがギリギリで入らず、リアディレイラーを外さなくてはならなくなってしまった。太いアーレンキーを持っていたのが幸いでレンタカーに収まったのだが、その太いアーレンキーを上着のポケットに入れたまま(忘れていた)帰りの飛行機に乗ろうとしてしまい、とうぜん金属探知器がちゃんと仕事を果たし、私は空港係員にお叱りを受けたのであった。自転車乗りのみなさんには、今のところ国内線で5ミリのアーレンキーはギリOK。が、やはり預ける方の荷物に入れたほうが親切というもののようだとお伝えしたい。


nice!(3)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

四国・大歩危峡まで走った話(承前) [TESTACH Tre-mignon]

無事、高知空港に到着し、たらふく鰹のたたきを食べた後、我々はレンタカーにて一路松山に向かうのであった。しかし、どうやったら松山・道後温泉に到達出来るのか、四国にまったく縁のないメンバーであったので途方にくれかかっていた。前々回の班は四万十川沿いに北上しようとして難儀な思いをした上に肝心の四万十川観光は時間切れとなったとのこと。そのルートは避けようではないか。
四国初日.001.jpg
どうやって松山に行ったらいいのか、ほんとうに皆目見当がつかないのであった。

と、ここで松山・道後温泉にどんなに苦労して辿り着いたか、くわしくお話しすることも可能ではあるが、一方そろそろ自転車の話もせねばならず、出来るだけかいつまんで記することにする。唯一四国観光の経験のある後輩が、「ここでカルスト台地を通らないで松山に行くって手はないですよ!」と豪快に断言するのであった。自転車に乗るようになると知らない土地の地図でも等高線が引いてなくても、国道なのか県道なのか、道路や線路の曲がり方や自治体の境界線、トンネル・・・などから何となく道の険しさは判るようになる。カルスト台地、そう言われて地図を改めて眺めてみると、、、「。。。ここにスキー場とか天狗高原とか峠とか書いてあるけど?ここを越えるの大丈夫なのかな?けっこう厳しそうな道だけど?」

「自分が通った時は松山からの逆ルートでしたけど、道は大丈夫っす!全く問題なかったっす!!」

どうにも自分の中では得心がいかなかったものの、心の中の警報音を押し切られる形で国道439号から県道に入った。
天狗高原(スキー場)にむけて徐々に険しく、狭くなって行く道であった、いつのまにか一車線の離合ギリギリの道路になり、しかも、、、雨が小降りになってホッとする間もなく、真っ白い、霧が立ちこめてきたのであった。これはヤバい。2台のレンタカーで移動しており先頭車両を私が運転しているのだが、レンタカー故、ハンドルもクイックとは言えず、フォグライトもなくドライバーも土地勘ゼロ、この10メートル先も定かでない視界不良になす術もなかったのであった。もしかしたら、この濃霧をぬけたらトワイライトゾーンに居たりして。。。ちゃらりらちゃらりら〜、などと皆をリラックスさせようと歌ってみるものの若いひとには判らず、そういえば彼らは道行くお遍路さんを見て”同行二人。。。どうこうふたりって何ですか?”は、ともかく、”あ!パ○ウェ○ブの人達だ!!”と叫んで私の肝を冷やしたり、シミジミ世代間ギャップを味わったのであった。

さて、そんなこんなでようよう松山に到着、ちなみに「まったく問題ない道っすよ」と言った彼は、当然皆に嘘つき呼ばわりされかわいそうであったが、実は免許がなく運転したこともなく、カルスト台地をドライブしたのは心地よいある春の日の5月であったということが判明し、ますます袋だたきにあっていた。やはり大言壮語する人には要注意である。
DSC00402.jpg
松山で買った、今治タオルである。お店の人が、これは四国の山々をデザインしたオリジナルタオルです。と紹介してくれたのだ。その日は「ふーん、山ねえ。。。」とピンと来なかったのだが、翌日にめちゃめちゃピンと来るようになるとはこのとき予想もしていなかった。

さて、二日目はみな松山城観光と買い物、そして午後は徳島の大歩危・かずら橋に移動しそこからいよいよ最終目的地の香川県へ突入する予定だ。松山での観光・買い物には私が少々居なくてもかまわないだろうと言うことで、お許しが出た。早朝自転車で出発し昼過ぎに大歩危にて合流、自転車を車に積んでもらい、一路金比羅、という塩梅である。そのランデブーポイントは、道の駅大歩危とした。
地図をよく見て決めた自転車旅は、幾ら何でも松山から大歩危まで自転車で走るとするとブルベ並みの距離となり、さすがに無理と判断。まったく土地勘がないのだが、最寄りのJR駅まで電車輪行してそこから大歩危峡を目指すことにした。他にも良いルートがあったのかもしれないが。。。

60kmしか走らないのに、獲得標高が900mを超えていることに気がついてはいたけれど、距離が距離だから大丈夫だろうと、なんだか昨日の後輩のような、、、

111204_055332.jpg

12月上旬の某日、晴天の早朝であった。テスタッチ・トレミニヨンと共に特急しおかぜ号に乗り、降りた駅は
111204_074453.jpg
”伊予三島駅”である。ここから国道319をずーっと登って行けばいいのだ。なるべく分岐の少ないコースを選んだ結果であるので、なんだかスゴい長いトンネルとか、ダムとかあったのだけれど、今までなんとかなってきたんだから、今日もなんとかなるだろうそう思って一人伊予三島の駅に降り立ったのであった。ここまで書いて、走り出す前の話などを一生懸命書いたお陰でまた今回も筆が尽きてきたので、次回に続くことになるのである。
nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新年初ヒルクライム [TESTACH Tre-mignon]

DSC00410.jpg
新年あけましておめでとうございます。2012年も自転車であっちこっちさせて頂きます。お付き合いください。

さて、お節も食べ終わった三が日の某日早朝。寒いので、十分お天道さまが昇ってあったかくなってから、という意見が”箱根駅伝を見たいから”という一部の強い意見により却下され、気温もまだ上がらぬうちに同士達が集合したのであった。この日のコースは清澄山往復、目的は清澄寺でお参りをすることにある。初乗りがヒルクライムで、しかも自転車で初詣、自転車乗りの鏡のような計画である。

清澄山は南房総ではけっこうきつい山の一つである。そして職場からたった数キロのところにあるため我々の練習コースとして活用されている。標高は400m足らずであるが海抜0mから登ること、シャレにならないヘアピンカーブが連続し、ようやく辿りついた山頂には清澄寺がでーんと鎮座しており、修行の場の雰囲気満点なのであった。

DSC00416.jpg
DSC00413.jpg

そうして今年初乗りの一行は無事に清澄寺に到着したのであった。
しかし無事は無事だが、かなり寒い。。。登っている最中はいいが、いったん自転車を降りると標高が上がっているだけに、身体が徐々に冷え寒さが身にしみるのである。早めにお参りをすませ、今年の無病息災と交通安全をお願いしたのであった。さむいさむいと回りを眺めると、参道には初詣のための屋台も準備されている。しかし、朝早すぎてまだ準備中のようであった。しかし、寒い。。。凍えそうである。しかも、この後ダウンヒルをしなくてはならないのであった。さすれば、なにか、こう、あったまる物をお腹に入れたくなるのも道理なのだ。。。

DSC00420.jpg
「すみません!焼きそば2パック食べるので、その間火にあたらせてください!」

開店前の焼きそば屋台に当たってくだけろと交渉してみると、手足をふるわせている我々を不憫に思ったのか快く鉄板に火を入れてくれたのであった。焼きそば2パックはアツアツであった。しかし、まだなにか、こう、お腹に隙間があるような。。。ということで、隣のたこ焼き屋さんにも点火して頂きまた2皿追加、ハフハフと食べ終わり、そろそろこの勢いでダウンヒルに出かけようかと思ったが、だめ押しで味噌おでんを詰め込みようやく人心地ついた4人組であった。

さあ、では帰りましょうか、ということになったのだがせっかくだから集合写真でも取りましょうと、本堂の前でセルフタイマーをセットした。と、そのとき、奥から素晴しい袈裟をお召しのお坊様がこっちを目がけてすっ飛んでくるではないか。まずい、ここは撮影禁止だったか。さっきから写真を撮りまくってしまった。。。すみませんで、すむのだろうか、、、でもまだ撮ってないし、セーフか?!






お坊さん:「みなさんのお写真、お撮りしましょう☆」

kiyo.001.jpg

と、言うわけで無事にお参りも写真も撮れ、良い一年になりそうなのであった。ここで”足腰守り”なる霊験あらたかそうなお守りも入手できたので、なお一層の自転車ライフも期待出来そうである。
DSC00424.jpg
nice!(3)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。