So-net無料ブログ作成
検索選択

四国初上陸して峠を越えた話 [TESTACH Tre-mignon]

DSC00383.jpg

今年の夏くらいから、ひとつの計画があった。年に一度の社員旅行に自転車を便乗させる計画である。
社員旅行、そう、1泊とか2泊とか、観光して夜は宴会。のあれである。今年は四国ツアーと決定したと聞いてますますその気になったのである。さすがに、社員全員が四国に3日も出かけてしまうと社会的に大変なことになるため、例年決まって3班に別れて旅行するのであった。私は最終の第3弾、12月の班に参加することになっていた。

第一班、第二班と社員旅行を終えたところで、早速聞き取り調査に入った。なぜなら、どの段階で自転車で離脱すれば一番穏便かということを知りたかったからである。
ちなみに、飛行機とレンタカーとホテルのみ決まっており、あとは参加者どうしで民主的に話し合って旅程をこなして帰って来る。という企画なのであった。まあ親睦を深めるために、敢えてバスツアーガイド付き等にしていないということだそうで、決してコスト面からの措置ではなかったと信じたいところである。それにしても大まかな行程は予め示されており、このアウトラインと三班目で大概ボロボロになってきているマッ○ル・四国2010−2011版で旅をするのである。結局我々のとった計画はこうだ。

高知→カツオ食べ→レンタカーでどれかわからないけど、どれかの道を通って愛媛・松山に辿り着き→道後温泉・今治→翌日は松山観光し、どうにかして徳島県まで行って大歩危・かずら橋観光→香川県入り金比羅泊→最終日、うどん三昧→帰宅。

全然、ゆっくりできる気がしないよ。。。

さて、そうは言っても、みな楽しくリフレッシュしてきたのに違いない。既に社員旅行から帰ってきた同僚達に話を聞いてみた。

「四万十川を探して彷徨って半泣きだった。」(土佐空港から四万十川観光して松山に行きたかったらしい)

「大歩危渓谷への道で車酔いして、泣いて車を止めてもらった。」

「かずら橋で腰を抜かした、なぜ500円も払ってこんなめにと企画者を恨んだ。」

「うどん屋5件も連れていかれ、苦しくて号泣している後輩がいた。」

何だか、少々不安な気持ちもあり、それでもいよいよ12月初旬の某日、出発の朝がきた。が、早朝からかなりの大雨である。しかも集合時間ジャストに久しぶりの大きめの地震がよった。何ヶ月かぶりで緊急エリアメールのふぁ!ふぁ!ふぁ!!も聞いてしまい、この旅、大丈夫だろうか。またまた、色んなこと(主にはトラブル)が起こって、最後に寝込む羽目になったりしないだろうか、と改めて心配になったのだった。しかし、判っていても、人はそうせざるを得ないということがあり、人は飛んで火にいる夏の虫とか、因果応報とか言うのだけれど、それでも自転車を持っていくのであった。

kuukou .001.jpg
無事に高知龍馬空港に到着である。無事にと言ったが、既に羽田で前を歩いていたご高齢の御婦人が、突然バッタリと倒れ、ひと騒ぎあったことなど有事のうちには入らないかもしれない。もちろん、御婦人をしかるべき方面にお送りした後、自転車を担いでチェックインカウンターまで猛ダッシュしなくてはならなかったが。

と、いうところで、前置きが長いのはいつものようであるが、四国も自転車も峠越えも書かないうちに話は次回に続くのだった。
nice!(4)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。