So-net無料ブログ作成
検索選択

ツールドちば 成田〜鴨川編(承前) [TESTACH Tre-mignon]

TdC5.jpg
DSC00260.jpg
10/9の朝、天気予報は”朝夕に小雨がぱらつくかもしれませんが、日中は問題のない行楽日和”とのことで去年のようにはなるまいと安心してスタート地点に向かった。そういう風には決まってならないのがこの世の定めであることを、この清々しい早朝には誰もまだ気がついていなかった。
うなり.001.jpg
成田市のゆるキャラうなりくんに見送られながら、出発した。蛇足であるが、(話が寄り道しやすいのは世の常であるので)この”うなり”くん。遠目には、なにやら青いイカかタコ、あるいはひと味足りないペンギンのような生物にみえる。まもなく成田市市長殿の説明で判明したが、イカでもタコでもなく、飛行機(成田空港)と特産のウナギを合わせ、うなぎ+なりた、で”うなりくん”なのだという。。。ぜひ全国ご当地キャラコンテストでうなりくんに清き一票を、という市長さんの妙に流暢な応援に見送られわれわれは出発したのであった。

さて、スタートは無事にしたものの、もう既に小腹が減っていることに気がついた。全員、前日の車酔いから一夜明けてもお腹のモヤモヤがすっきりしなかったので軽めの朝食で、もうそれもずいぶんと時間も経っておりいいかげん何かを食べたいところである。とはいえ、昼食会場は遥か80kmの彼方。寒さも手伝って、いつもより血糖が下がりやすいようだ。体温を維持するためにもカロリーが必要なんだなと妙に実感。最初のエイドステーションではなぜか低GI食品の某栄養食が配布され、いかんなくその効果を現したようで、ちっともお腹に力が湧いてこないのであった。次のエイドではバナナ。果たしてバナナ一本で昼食会場まで無事に辿り着けるのか。ふと前々回、空腹に耐えきれなくなった後続の後輩が、私に無断で車列を離れ、自主エイドと称してコンビニでオニギリを補給する、という後輩にあるまじき行為があったことを思い出した。後輩が後ろについて来ているとばかり思っていた私は、信号で、”いやー、いよいよツルちばを走っているね!!”と叫びながら振り返ると、そこには赤の他人のオジサンが。
『お連れのかたは、さっき一人でコンビニに入って行きましたよ』
と裏切りはあっさり露見し、知らんフリして戻ってきた後輩には大目玉を食らわせたのであった。今年は果たしてそういうことにはならず、2番目のエイドに到着。なにはなくてもバナナをもらい一息である。おなかが減らない?と仲間に聞いてみたところ、やはり皆空腹であった。が、そのうちのひとりが背中の袋からカントリー○アムを1パックとりだしてくるではないか。感謝感激、秀樹感激である。そうであった、前日バスに乗る前に見送りにきた某部長が、バスの中ででも食べなさいとくださったのだ。もらったはいいものの、なにも罪もないカントリー○アムではあったが、重度の車酔いのため皆から、顧みられず放置されていたのをこの後輩が持ってきてくれたのである。すまぬすまぬ、いつも背負って来るそのシマノの袋をダサイだの貧乏臭いだのそんな重いもの持っているから遅いんだだのけなして悪かった。これからは好きなだけそのビニール袋を背負うが良い。
TdC2.jpg
DSC06546(1).jpg
バナナとクッキーをたらふく食べたのち、みな血色良く80km地点の昼食会場に楽しく到着したのであった。
TdC4.jpg
DSC06492.jpg
毎年楽しみなツルちば弁当。この日は秋色ハンバーグ弁当。ハンバーグも美味しいが、なんと目鯛の照り焼きが入っているではないか。トマトもお米も房総産。右隅の白い固まりを大根の漬け物だと思って食べたら梨のコンポートだったこと以外は幸せな昼ご飯タイムなのであった。

さて、昼食も食べ終わり再スタートした。136kmのコースであるがこの昼食会場まではほぼフラット。ここから残り60km弱が大多喜〜養老渓谷〜勝浦ダムを通る難所なのだ。今回仲間内ではツルちばを3日完走を目指すもの、初めて100km超えにチャレンジするもの、様々であった。が、この日は全員で遅い人に合わせてチームでゴールすること。これを共通の目標にして走ることになっていた。そのため、昼食のエイドを出た時点でかなりの遅れが出ていた。ツルちばは速い順にアルファベット順で指導員に挟まれて走る(左程厳格なものではないが)。我々は、スタート時「M」グループにいたはずが、昼食後に始まった登坂のためずるずると後退し、勝浦ダムへの登りに向かう頃には「U」のあたりまで落ち込んで行った。しかし、今日の場合は全員のゴールが目的であるので、別段最終グループの”Z”になってしまってもかまわないのではある。
TdC6.jpg
勝浦ダム前の激坂を登る。この坂を克服すれば最後のエイド、内浦県民の森に到着する。この坂を登れず、押して上がったあの日の自分はもう居らず、今回は軽々と軽快にダンシングで登っていく、、、と言うわけにはいかず、自転車を降りはしなかったものの決して楽には登れないのは毎回のことである。今回は、登りで心拍数が上がりすぎるとみぞおちにクルということが判った。胃の辺りがゴボゴボ不穏な感じになるのであった。

さて、無事に坂を攻略しダムサイトで後続の数人を待つ。
DSC06615.jpg
と、そこにツルちばスタッフから信じられない声がかかった。


「あと15分で足切りです〜急いで下さい!!」

足切り。最後のエイドで時間制限があることをすっかり忘れていた。だが、我々にはまだ数名坂の下に仲間がいるのである。。。

。。。というところまで書いて少々長く書きすぎたことに気がついた。どうにも先に進まない。今回もまたゴールまで書ききれず、次回の更新に持ち越すのであった。続く。
nice!(3)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。