So-net無料ブログ作成
検索選択

ツールドちば2011を初めて二日間完走した話 [TESTACH Tre-mignon]

turuchiba1.jpg
また今年も同じように10月がやってきて、もれなくツールドちばの日もやってきた。最初の年は仲間もおらずさみしく走ったものが、今年は沢山のジテ友と走ることになったので嬉しい限りである。なにごとも一人より二人。ふたりより大勢居た方が心休まることは日本人的思考的ではあるが確かだと思う。

2011のツールドちば、略してツルちばは大幅にコースが変更され、初日が木更津成田、中日が成田〜鴨川、最終日が鴨川〜木更津という内容だった。私の参加した二日目は距離が長く最後に鴨川の自転車乗りに聞けば皆が顔をしかめる勝浦ダム前坂を含む136km、そして最終日がどうどう、1238mを獲得標高とする109kmなのであった。
s2_map.jpg
これが二日目のコースである。

ことしは社員の健康増進の名目で会社の福利厚生の援助を得て、貸し切りバスを使い成田に前日泊することにした。何故かというと、鴨川から千葉駅方面に向かう電車は夜7時台が最終なのである。夜7時、これは仕事が終わって自転車を輪行状態にしてでは間に合わない時間だ。それに路線バスが早朝深夜とも数便あるが、まさかロードバイクを10台近くも乗せられなかったからである。

111008_182402.jpg
そんなわけで10/8日の夜、中型バスに乗り込みいざスタート地点の成田に出発したのであった。仕事の疲れもあってバスで一休みする予定であった。夕食も摂っておらず、ホテルのそばにロイヤル○ストがあることがわかっていたので到着後そこで食べるつもりにした。余談ではあるが、私は幾多あるファミリーレストランのなかでロイヤル○ストがだいだい大好きなのであった。早く着いて、オニオンスープやらコスモドリアやら、ハンバーグやら、どしどし食べたいものだ。夜の鴨川有料道路は車も少なく、バスは順調にまがりくねった道を進んで行くのであった、、、が。。。

。。。
。。。。
。。。。。
。。。。。。

おえー

まっくらななか、バスに揺られ房総丘陵地帯をこえているあいだに、ひとりまたひとりと気持ち悪くなっていった。。。さあ思い出してご覧。幼かったころ、遠足の楽しみとともに、いつもつきまとっていたあの不安、あの懐かしいバス酔いを久しぶりに皆でいやおうなしに味わっていたのだった。

這々の体で成田着。くだんのファミレスに向かったものの、みなの足取りは重く。頼んだ注文も、それぞれサンドイッチ、スープのみ、ヨーグルトでいいや。。。などなど、病院食かと思しき内容なのであった。あんなに食べたかったロ○ホのハンバーグはどこに行ったのか。全員、天国のマータイさんが見たら、おちおち死んでも居られないとこっちに戻ってきそうな程に食事を残し、がっくりと肩を落としてホテルに帰ったのであった。

そして迎えたスタートの朝。一夜明けても全員まだ久しぶりの車酔いを引きずっていたため、お腹いっぱい朝ご飯と言うわけにもいかず、コンビニで多少補給をしたあととりあえずスタート地点に向かったのであった。なんだか、おなかの様子も雲行きもあやしい2011年のツルちばが始まった。(続く)
nice!(3)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。